ポツリと突起物が浮き出でおりノーブラでした。

ポツリと突起物が浮き出でおりノーブラでした。

私が過去に体験したエッチな話をお話ししたいと思います。

 

大学で地元の九州を離れ都内に引越しをしてきた頃の話です。
九州の田舎から東京という大都会に引越しをしてきて始めての一人暮らしを始めました。

 

まさか、自分がこんなAVなような体験をするとは思いもしませんでした。

 

大学にも慣れ始めてきた7月の上旬のある日の夜、
サークルの友達と晩御飯を食べ一人で帰宅し、テレビを見ていました。

 

するとチャイムが2、3回凄い勢いで鳴りました。
夜の10時ごろで、こんな時間に誰だろう。
と思い恐る恐る玄関の覗き穴を見てみるとそこには、

隣の部屋の女性が立っていました。

 

隣に住む女性は、当時の自分より5つくらいの上の女性です。
何度か挨拶を交わしたことのある程度です。

 

玄関を開けずに、『何の用でしょうか?』と尋ねると女性は
、『ゴキブリが出たので助けてください!!』と言っています。

 

私は、めんどくさいなーと思いながら玄関のドアを開けました。
そこには、寝間着のようなショートパンツにTシャツを着た隣の女性。

 

話を聞くとゴキブリが大の苦手で退治してほしいとのことです。

 

挨拶を、した程度の関係でしたので初めてしっかりと会話をし顔も初めてしっかり見ました。

すっぴんでしたが綺麗な肌に大きな目。正直タイプでした。

 

とりあえず女性の部屋に行くことになりました。
これで殺してくれとフリーペーパーを丸めたものを、
渡され部屋の中に入ると、
ベッドの右上の壁に大きなゴキブリが止まっていたので早速フリーペーパーで叩いて潰しトイレに流しました。

 

女性は少し涙目になっており何度もありがとうと言っていました。
玄関先とうって変わって部屋の中は明るいのでさっきよりもはっきり女性の顔が見えて、
やっぱりととても綺麗な方でやっぱり東京は違うなと、
感じていると女性がお茶を入れてくれ呑んで言ってくれとのこと。

 

東京に来て初めて女の人の部屋に入ったので遅れて緊張してしまいした。
お互いの事を少し話たりしました。

女性は、23歳で社会人2年目とのこと。

 

彼氏とは遠距離で、半年に一回しか会えないと寂しそうでした。
自分も当時高校から付き合ってた彼女と遠距離になり最近はうまくいってない事を話しお互い共感し話が盛り上がりました。

 

ふと女性の胸元をみるとさっきまでは気づきませんでしがら

ポツリと突起物が浮き出でおりノーブラでした。

 

緊張もその頃にはほぐれており、
だんだんとムラムラとした気持ちになってき、話の途中も女性の顔ではなく、
胸ばかり見てしまい、女性も目線には気づいているよう。

 

彼氏と遠距離ということもあり勝手にこの人は欲求不満だろうなと思っており、
少し仕掛けてみることに。『あの?もしかしたらノーブラですか?』と尋ねる『えっ。はい。』と

 

恥ずかしそうに彼女は答えました。

パニックになり気にせずそのまま出てきてしまったとのこと。私のムラムラは、もうとまりません。

 

目線は、胸に釘付け。

 

すると彼女から思いもよらぬ言葉が『みる?』
私は驚いた声で『いいんですか?』と返しました。

 

彼女は、Tシャツを下から上に捲り上げ恥ずかしそうに見せてくれました。

そこには、服の上からでは分からなかったふんわりとした膨らみ、

推定Dカップくらいあるとおまいます。『触ってもいい?』と聞くとそれはダメととのこと。

 

何度も交渉し、かなり焦らされふんわりとした膨らみに触れることができました。
少し小さな乳首を中指と人差し指でコリコリするとだんだん立ってきて、
彼女も気持ちよさそうに『あんっ。んっ』と声を漏らしていました。

 

これはいけると思い押し倒してキスをしました。予想以上にノリノリで彼女から舌を絡めてき、
私の下の方を触ってくれました。

 

ズボンを脱ぐように指示をされ脱ぐと間もなく私のモノを咥えて気持ちよくしてくれました。
ものすごく上手くてすぐにイキそうになりましたが何度も寸止めされイカせてくれませんでした。

 

私も彼女のアソコを必要以上に攻めまくり何度もイカせてやりました。

『挿れていい?』と聞くとそれはダメと言われ、最初はまた焦らされてるのかと思いましたが。

 

それは本当にダメとのこと、彼氏に申し分けないと言ってました。
今更なにを言ってるんだと思いながらおっぱいを舐めながらアソコを攻めその後2回イカせてやりました。

 

結局最後まで挿入は出来ませんでしたが本当にいい経験になりました。
次の月に女性は引越してしまい最初で最期のエッチな経験になりました。

 

当時の遠距離の彼女とは、今もお付き合いしておりますが、
口が滑ってもこんな経験したことは言えません。

 

時々1人でこの事を思いオナニーをしています。笑
以上、私のエッチな体験でした。


ホーム RSS購読